Vtuber系

プラム(Vtuber)の中の人(中身)や前世は?顔や身バレの特定も調査!

ポケモン実況系VTuberの

プラムさんという方をご存知でしょうか?

 

ポケモンとナマコブシを

こよなく愛しているポケモンガチ勢VTuberです。

 

今回はそんなVTuberプラムさんについて

• 中の人や前世について
• 顔バレや身バレについて

調査してみました!

よかったら最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

プラム(VTuber)って何者?

プラムさんは、ポケモンと

ポケモンのナマコブシが大好きなVTuberです。

 

高クオリティなどを投稿しているのにも関わらず

企業や事務所などに所属しておらず、

完全に個人でチャンネルを運用しているのが特徴です。

 

また、動画製作や編集、キャラクターデザイン、声まで

全てプラムさんが個人でこなしています!

 

キャラクターデザインも

ポケモンの原作をリスペクトした絵柄であり、

ポケモンへの愛情たっぷりなプラムさんは

ポケモン好きからもしっかりと支持を受けている配信者です。

 

プラムさんがどれほど人気かと言うと、

カードキングダムによるVTuberスリーブ総選挙で、

228名のVTuberが参加する中で見事1位に当選し、

見事オーバースリーブの発売が決定しました。

発売が決まるだけでなく、オーバースリーブの予約受付が開始30分で

ソールドアウトするほどの人気っぷりです。

 

2018年8月にYouTubeチャンネルを開設してから、

2021年5月現在4.34万人のチャンネル登録者がいます。

 

個人の力でここまでチャンネル登録者がいるのは

本当にすごいですよね!

 

チャンネルの内容は、

ポケモン剣盾のテーマ統一ランクバトルの動画や

ポケモン二次創作のポケモンカードバトル動画、生配信となっています。

プラムさんはポンコツキャラと言われていますが、

動画製作者としても絵師としても優秀であり、

高クオリティの動画を投稿し続けていますし、

歌ってみた動画では可愛らしい歌声も披露しています。

 

極めつけには、料理動画で料理ができる一面も見せています。

 

なのでポンコツキャラではなく

高スペックなキャラだと私は思いました。

スポンサーリンク

プラム(VTuber)の中の人(中身)や前世は?

プラムさんの中の人や前世について調査してみましたが、

個人的なことにはあまり触れないということと、

誕生日や出身地なども公表していないことから

有力な情報は見つかりませんでした。

年齢については詳しくは答えていませんが、

ポケモンのアニメの主人公「サトシよりはいくつか年上」ということを

YouTubeの質問動画で2018年に答えていましたので、

現在は20代前半か、10代後半だと考えられます。

 

そのことから考えると、かなり若い方なので

プラムさんの前世は、ないのではないかと思います。

 

もしあるのだとしたら、絵が大変上手いので絵師さんとして

活動されていたという可能性もありますね。

スポンサーリンク

プラム(VTuber)の顔や身バレの特定は?

プラムさんは顔の特定や身バレは調査してみましたが、

現状は特定はされていないようです。

 

ごくたまに実写の動画は出していますが、顔は出されていません。

 

VTuberとしてのプラムさんのイメージを壊さないように

この先も顔出しをする可能性は低いのではないかと思います。

 

料理をする動画でプラムさんの胴体が映っています。

向かって右側がプラムさんです。

 

髪の毛は黒っぽく、髪の長さは背中まであることがわかります。

 

身長は140〜145cmと小柄とのことです。

 

声がとても可愛らしくて高い方なので、小柄なのは予想通りですね!

 

おそらく顔は童顔で、キレイなタイプというよりは

可愛い系のお顔なのではないかと予想します。

またプラムさんのリア友で、時折動画に登場するフェンネルさんが

ファンからの「どちらのほうが頭が良いですか?」という質問に対して

「テストの点数が良いのはプラム」と答えていることから

プラムさんは学生だと推測します。

 

プラムさんは日頃、顔や個人情報を出さないように活動されているので

顔の特定や身バレする日はこないかもしれませんが、

VTuberとしてのプラムさんを応援していきたいと思います!

まとめ

今回はポケモン実況系VTuberのプラムさんを紹介しました。

 

プラムさんのあふれる才能や、可愛さがおわかりいただけたかと思います。

 

これからもブラムさんの活躍に期待が高まるばかりです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。