YouTuber

アバタローの声の正体は誰?素顔や本名・年齢プロフィールを調査!

今、YouTubeで「書評」と呼ばれるジャンルで

人気のあるアバタローさん。

 

今回は、アバタローさんの、

・素顔や声の正体は誰なのか?

・本名や年齢などプロフィールは?

について調べてみました。

スポンサーリンク

アバタローって何者で声の正体は?

皆さん、昨今YouTubeで新たなジャンルが

人気になっているのをご存知でしょうか??

それは「書評」と呼ばれるジャンルです。

書評とは字の如く、本を読んだ感想、評価をすることを言います。

忙しいこの世の中、読みたい本があるのに

読む時間を作れない人、読みたい本が沢山ありすぎて

全てを買って読むのに限界がある人など、

 

そんな人向けに短時間で自分の読みたかった

本の感想や要点、解説などをしてくれるのが

今注目されている「書評YouTuber」となります。

 

その中でも今回ご紹介するのが「アバタロー」さんです。

 

まず、アバタローさんの特長として

3つほどご紹介したいと思います。

1つ目は取り上げる本のセレクトが良いという事。

 

本人が読書好きと言うのもあって、

読むつもりは無かったジャンルでも

興味が湧いて思わず動画を再生してしまわせる

センスの良さがあると感じます。

中でも個人的にオススメな動画です↓

 

2つ目として、本の内容の

まとめ方が上手いと言う事です。

 

書評をするのなら大前提だと思いますが、

時短で聴きたい側にはとても需要がありますよね。

 

アバタローさんの場合、

ただ読んだ感想をつらつら述べるのではなく、

完結でいて尚且つ動画を作る上で気をつけている事というのが、

 

あくまでも中立でいる事、押し付けない事、

偏ったバイアスをかけずに自分は黒子に徹すると言う

3点に気を付けて動画を作っている為、

 

聴く側に変な印象を与える事なく、

本の内容を聴くことができます。

 

アバタローさんのチャンネルでは

短くて十数分の動画などもありますので、

空き時間などに聴いたりすれば本を一冊読んだも同然です!

次に3つ目ですが、個人的に最大といっても

良い程の特長であり武器だと思っているのが、

なんと言ってもその声。

 

まるでラジオDJかのように聞き取りやすく、

癒される低音の声に初めてアバタローさんの

動画を観た視聴者はその目を、

いや耳を奪われてしまうようです!

 

この声ですが、

いろいろ噂がささやかれているようです。

 

特長のある声は正真正銘、アバタローさん

ご本人の声で間違いないと思われます!

 

ちなみに、特にボイトレなどはしていないそうです。

 

一度動画を再生すればアバタローさんの

声の居心地の良さに驚くこと間違いなし!

スポンサーリンク

アバタローの素顔や本名・年齢プロフィールを調査!

 

ここまでご紹介して、気になるのが

詳しいプロフィールと顔ですよね!

 

こんなに素敵な声をしているとなると、

きっと素顔も・・と期待して探しましたが、

どうやら顔出しはしていないようでした。

 

動画でも声のみなので

残念ながらその素顔は公開されていません。

ただ、アバタローさんのアイコンが

もしかして素顔に近いのかな?なんて思いました。

 

だとしたらダンディーですよね!

 

素顔もそうですが、本名についても

公開はされていないようでした。

 

アバタローさんのプロフィールをまとめてみました!

名前/YouTuber名アバタロー
年齢30代後半〜40代
出身地群馬県高崎市
大学早稲田大学文学部
趣味読書
職業外資系企業にて管理職
好きな小説白鯨

 

年齢がハッキリしていないのですが、

おそらく30代後半から40代前半だと予測します。

 

その理由として、質問動画でゲームボーイや

ファミコンの話が出てくるのですが、

ファミコン世代となると大体年齢が絞れますよね。

 

アバタローさんは何回か転職もされていて、

今は外資系企業にお勤めされているようです。

 

上手く時間を使い、本業とYouTube活動をされていて

日頃から効率よく生活をされているのだろうなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか??

 

YouTubeのまだ新しいジャンルである

「書評」で活躍する「アバタロー」さん。

 

難しい古典やビジネス書なども

分かりやすく配信をしてくれるので、

時間が無い人や読むまでに勇気がいる人など

様々な人達にマッチした動画を作っています。

 

これからますます伸びてゆくであろう

アバタローさんの今後の活躍に目が離せません!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!