2019年11月10日に、「日本ジャズ音楽協会主催〜晩秋の集い〜」が開催されました。

これは、一般社団法人日本ジャズ音楽協会が、長年にわたるジャズ界への貢献者に対して賞を授与するもの。

2019年度は11名の方々に「ジャズ大賞」と「会長賞」が授与されました。

ジャズ大賞受賞者

今田 勝(ピアノ奏者)
渋谷 毅(ピアノ奏者)
鍋島直和(ヴィブラフォン奏者)
原田イサム(ドラム奏者)
大野雄二(ピアノ奏者)
菅野邦彦(ピアノ奏者)
森田一義(タレント)
   敬称略

会長賞受賞者

佐藤秀樹(評論家)
中川喜弘(トランペット奏者)
菅原正二(ジャズ喫茶店主,文筆家)
中平穂積(ジャズ喫茶店主,写真家)
   敬称略

会の様子

授賞式は、六本木のジャズクラブ「サテンドール」で行なわれました。

司会進行は、横濱JAZZ協会副理事長でもある小針俊郎さん。

会長賞を受賞された今田勝さんに、日本ジャズ音楽協会会長の石井一氏から賞状とトロフィーが授与されました。

賞状手に歓びを語る今田勝さん。

渋谷毅さん。

原田イサムさん。

式の後半は、受賞者も参加しての大セッション大会へ。
トランペットの村田千紘さんとドラムスの原田イサムさんの年の差を感じさせない熱いバトルが繰り広げられました。

フロントにトランペットの中川喜弘さんも参戦。

このほかにも、日ごろのレギュラー・ライヴでは見ることのできない組み合わせがいろいろと・・・。

2017年度ジャズ大賞受賞者の阿川泰子さんも登場。

2017年度ジャズ大賞受賞者にして2018年度文部科学大臣表彰の秋満義孝さんと阿川泰子さんのデュオで、式はめでたく中締めとなりました。

カテゴリー: 関連イベント

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。