“ジャズプロ”こと横濱ジャズプロムナードは1993年にスタート。

横浜JAZZ協会が立ち上げに関わり、実行委員会の一員として運営を担うこのイベントも今年で27回を迎え、横浜のみならず日本を代表するジャズ・フェスティバルとして認知されるようになりました。

 一方で、プロが出演する有料のホール会場だけでも7会場51ステージ。そのすべてをチケットと引き換えたバッジさえあれば自由に見て回れる──という大盤振る舞いなイベントながら、「どのステージをチェックすればいいのかわかんな〜い……」という声が聞かれるのも事実。

 そこで、出演者のひとりである福井ともみさんと、“ジャズプロ”プログラムのディレクションを担当する小針俊郎さんに、その魅力を語っていただく場を設けました。

 “ジャズプロ”初日のステージがスタートする直前に、今年のプログラムのなかでも特に注目されているビッグバンドをテーマに語る「直前レクチュア」。

ジャズプロに来るのをちょっと早めて、自分なりの楽しみのコツをゲットしてみませんか?!

◆横濱ジャズプロムナード2019を楽しむための直前レクチュア
 開催日時:2019年10月12日(土)11:00〜12:00
 開催場所:開港記念館1F第一会議室
 〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地
 テーマ:ビッグバンドの楽しみ
 費用:無料

福井ともみ 横浜市出身。ジャズを志し、日本を代表するピアニスト・市川秀男に師事。ピアニストとしての活動だけに留まらず、作編曲、スタジオ経営、ヴォーカル・プロデュース、ラジオのパーソナリティ、書籍の執筆など精力的に活動中。2014年に9人編成のリトルビッグバンド「マウント・ノネット」結成。俵山昌之(b)、藤井学(dms)、高瀬龍一(tp)など6管3リズムを駆使した福井のアレンジが聴きもの。ノネットの出演は10月13日(日)12:00〜13:30 関内大ホール。

SONY DSC

小針俊郎 ジャズ・プロデューサー。横浜市出身。横浜ジャズ協会副理事長。FM東京在職中は番組プロデューサーとして「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」をはじめとする数多くのジャズ番組の制作を手がける。現在はジャズ専門のCDレーベルの経営に関わる一方、「ジャズ批評」などジャズ専門誌でジャズ・ジャーナリストとしても活躍中。

※なお、当日は荒天が予想されています。開催に関する注意事項や変更については随時、横濱ジャズプロムナード実行委員会のホームページ(http://jazzpro.jp)やSNSで発信する予定ですので、ご留意ください。

横浜JAZZ協会のLINEオープンチャット(https://line.me/ti/g2/QncWLmxux52DLEfUiNUxjg)でも情報を提供します。登録は簡単で、別アカも可能ですので、ぜひご利用ください。ジャズ情報全般も精力的に発信中です!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。